[AWS] 徹底図解!お名前.comで取得したDNSをAWS Route53/Cloudfrontで管理するまでの手順


2020/04/25
2021/03/27

お名前.comでドメイン名を取得した後、AWSで静的なウェブページをホストし、サーバーの一括管理を始める際には、Route53のコンソール画面とお名前.comのダッシュボードを行ったり来たりしながら細かい設定を手動で行う必要が出てきます。今回は、そんな悩ましい設定のアレコレをおさらいしながら、手順をまとめます。

また、取得されたドメインの更新の際に知っておきたい重要な料金規約の注意点もまとめましたので事前に併せてお読みいただくとより効果的です。


お名前ドットコムでDNSを取得

何はともあれ
お名前.comでご希望のDNSを購入しましょう。セールスをやっているときに購入するとお得です。

今回は一例として、セールス中で年間費用1年分無料ゲットした
geek-in-tacopots.siteというドメイン名を取得してみます。

以降では、お名前.comで取得したDNSを、AWSで一元管理する方法を図解します。

ちなみにこのドメイン名で静的なウェブページを
AWS S3から配信しましたので、最終的にはココのサイトみたいなプロダクトになります。


Route 53にホストゾーンを作成する

お名前.comでドメイン名を取得したら、自身のアカウントで
AWS Route53のダッシュボードへ行きます。(言わずもがなで、AWSのアカウント必須ですので、アカウントがなければ登録してください。)

[ダッシュボード] --> [ホストゾーン]に進みます。

次に
[ホストゾーン] --> [ホストゾーンの作成]を選択し、新しいホストゾーンを作成します。

ホストゾーンの作成のウインドウに、
[ドメイン名]に先程取得したドメイン名、[タイプ]パブリックホストゾーンを指定して[作成]ボタンを押します。

作成すると以下のように、
NSSOAが自動で与えられます。

この内、
NSにある4つのアドレスを例えば以下のようにメモしておきます。

            ns-000.awsdns-00.com.
ns-1111.awsdns-11.co.uk.
ns-222.awsdns-22.net.
ns-3333.awsdns-33.org.
        
これはあくまで便宜上の一例ですので、ちゃんとAWSが自動で割り振った値を利用してください。


お名前ドットコムでDNSの設定を行う

再び、
お名前.comに戻り、ユーザーログイン後にダッシュボード上で、取得済みのDNSへ設定を盛り込みます。

ダッシュボードの
[ドメイン]に進み、今回の設定するドメイン名geek-in-tacopots.siteのリンクをクリックします。

すると、
[ドメイン詳細]のページになります。

このページ下方に、
[ネームサーバー情報]の項目に[ネームサーバー設定]のリンクがありますのでこれをクリックします。

[ネームサーバー設定] --> [2. ネームサーバーの選択] --> [その他]タグに進み、外部のネームサーバー名を登録する場所まで行きます。

先程メモした
Route53側から与えられたNSの4つのアドレスを順に手動で設定します。例えば、

            ネームサーバー1:
    ns-000.awsdns-00.com.
ネームサーバー2
    ns-1111.awsdns-11.co.uk.
ネームサーバー3:
    ns-222.awsdns-22.net.
ネームサーバー4:
    ns-3333.awsdns-33.org.
        
みたいに与えてあげると、以下のようになります。